1. ホーム
  2. 車、バイク、自転車
  3. 自動車
  4. 中古車
  5. XC60 その他 認定中古車 白革 Bamp;Wスピーカ サンルーフ
最大81%OFFクーポン 最大84%オフ XC60 その他 認定中古車 白革 Bamp;Wスピーカ サンルーフ winner.com.pk winner.com.pk

XC60 その他 認定中古車 白革 Bamp;Wスピーカ サンルーフ

2549500円

XC60 その他 認定中古車 白革 Bamp;Wスピーカ サンルーフ

XC60 その他 認定中古車 白革 Bamp;Wスピーカ サンルーフ

V50 2.5T SE
V50 2.5T SE
笹川農機| カブマトール KJW-Z1 1条用 カラメール+ツメロータ|法人様限定 TOMIX Nゲージ N700 4000系 N700A 東海道 ・ 山陽新幹線増結セット 8両 98684 鉄道模型 電車 戸田レーシング SUBARU BRZ ZC6 FA20 ハイパワープロフィールカムシャフトR/EX 14121-FA2-R0A ヘーゼルナッツ ホール100g 生 ユアーズ ur#039;s レースタイトスカート (ブルー) さらさらシャッキリハーフトップ ホワイト S M L デニムスカート デニムロングスカート マキシスカート マキシ丈 スカート ロング フレア カジュアル9921-6970 ESPELIR(エスペリア) Super DOWNSUS(スーパーダウンサス) 1台分セット マツダ スクラムバン DG62V H13/9-H17/8 品番:ESS-704 長財布 メンズ 本革 イタリア革 ブランド スキミング防止機能 ラウンドファスナー ムラ カロッツェリア(パイオニア) 通信モジュール ND-DC1 … アロハシャツ(パイナップル) イエロ- M FB4546U-10 M 1枚 アルミお弁当箱280ml(ポリエチレン内ブタ付、ゴムバンド付)りんご柄 日本製 ラム ロン サカパ センテナリオ ラム 23年 750ml_あすつく対応 ニッソー クールサイクロン サーモプラス ビッグ 1個 (x 1) 2輪 ヤザワ オートバイ用タイヤチェーン「ミズノチェン」 350-8 【雑誌付き】JDM パンチングフランジサイレンサー50〜60パイ JDM 六角コーチスクリュー ユニクロ 12X150 [1個入 X 10 計:10個] 八幡ねじ YAHATA 二重窓 内窓 インプラス リクシル 4枚建引き違い窓 防犯合わせガラス W1500〜2000×H258〜600mm LIXIL 室内用 窓サッシ 防音 断熱 2重窓 リフォーム DIY ☆岩崎 LDR14L-H/B830 完了品の為後継新機種をお届けです⇒『LDR11L-H/B827』 『LDR14LHB830』レディオック電球色14W 本体黒色

プライドを埃にしない


いよいよ始まる新年度に向けて。2月の研究発表会での秋田喜代美先生(東京大学)の講演から、1つのスライドを振り返る。まさに私へのはなむけの言葉である(と、勝手に思っているのだが)。

1 よく見せるのではなくありのままを見せる(プライドを埃にしない)
2 参加したすべての人が何を学んだかを語る(学びを引き受ける責任)
3 何を教えたかではなく何を子どもは学んだかを語る(子どもへの責任)
4 議論ではなく多様な子どもと授業の見方を学ぶ(同僚を受け入れる)
5 自分のためではなく自分たちのために(共創の理念)

「これまで」を大切にしながら、新しい授業研究をめざしていきたい。
スポンサーサイト



ずっとアウェイであること〜その2

以前、このblogに「ずっとアウェイだった」と書いたが、やはりこれからもアウェイのようである。(もしかしたら、自分からアウェイにしているのかもしれないが・・・。)もちろん、単にやりづらいということではなく、このことを意識することで、自分の「ビジョンと哲学」を確認し、戦略をもつことができるということである。

戦略をもつことにより、研究のアプローチも複線化する。また、異質な他者に説明し、説明をつくり直す中で、その「ビジョンと哲学」も見直すことができるだろう。無藤隆先生(白梅学園大学)はフェイスブックに「研究者たるもの、常に少数派である」と書かれていた。

逆にアウェイ感の中で仕事をするとスムーズには進むだろうが、そこに飛躍はあるのだろうか。もちろん、真面目な人はできるのだろうが、私には甘えが出てしまう。また、アウェイ感を自分から求めるのもエネルギーの無駄遣いである。

したたかにしなやかに。これも、無藤先生が書かれていたことだが、新たなアウェイも、実践と研究のさらなるジャンプのきっかけにしたい。

私の言葉はだれの言葉なのか

いろいろな本や書類を整理していると、その中に私が書いたレポートや報告書を目にするのだが、多くの場合、引用を中心にして論を展開していたようだ。

そのほとんどは、ある程度問題を提起し、同じような問題について述べられている文章を探して引用、最後に自分なりの解釈や感想を書き加えるといったもの。論文ではないので盗用にはならないと思うのだが、「論の進め方」から「言葉」まで真似し、次に何か書くときにはあたかも自分の文章、言葉のように振る舞っているのだ。

そのようにして、私の文章は出来上がってきたのだろう。もちろん、「出来上がった」というほどの文章は書いていないのだが。

しかし、だとすると私が今使っている言葉は誰の言葉なのか。

このblogも、文章を書く力をつけるためにはじめたものだが、私は私の言葉を獲得することができたのか。ほんのわずかでいいのだが、文章を書く力は身についたのだろうか。私の言葉は、一部でもいいから誰かに届いているのか。

ただ、それでも書き続けることが大切だということだろう。

「熟読」と「乱読」

学年末ということもあり、本棚を整理する。以前は、もう一つ本棚が使えたので、倍の本が入っていたのだが。



私の場合、ほとんどの本をAmazonで購入するため、買った本は自宅に届く。急ぎで取り寄せたものはすぐに目を通すのだが、そうでないものはリビングに平積みにして、時間があるときにパラパラとめくり「乱読」したものから学校の本棚へ。数日間置きっぱなしだと妻から叱られ、慌てて目を通す。

同僚の先生から「いつ読んでいるのか」と尋ねられることがあるのだが、寝室や移動中の電車や飛行機の中で小説を読むのとは違って「ほとんど読んでいない」と答え、驚かれる。おそらくレポートや研究会での発言の中でよく本から引用するので「ものすごい読書量」だと思われるのだろう。しかし、ほとんどの本は先ほど紹介した程度の「乱読」。必要なとき本棚から出し、引用する。その回数が増えると「熟読」に近い状況になるのだろう。

ただ、その「乱読」の仕方は、以前(8年前)blogで「本の読み方」と書いたが、あらためて紹介する。

・・・・・

しかしながら、授業の準備や雑用も多く、ゆっくりと本を読んでいる暇はない。こんなときはいつも、鏑木先生(当時、草加市立八幡小学校校長)に教えていただいた次のような方法で本を読む。

(1)前書きを読む (2)後書きを読む (3)目次を読む (4)気になるページを読む

この方法は、「乱読」するときに効果的であるが、「何かをはっきりさせる」ときにも結構使える。

・・・・・

研究のためには「熟読」と「乱読」が必要だと教えてもらったのは、本校に赴任したとき当時の教頭先生から。

そして、「熟読」よりも「乱読」と考えるようになって、どんどん本は増えていった。毎年、この時期に本棚を整理するのだが、数年開かなかった本はそのときまとめて家の倉庫に。(その倉庫も私が使えるスペースはわずかなので、どうにかしなければならないのだが。)

本棚のあるリビングにあこがれていたのだが、実現するまでには時間がかかりそうである。もちろん、できてもオシャレなものにはほど遠いのだろう・・・。

教師の仕事術〜その2

前回のblogに「仕事術」について書いたが、以前、無藤隆先生(白梅学園大学)がフェイスブックで日垣隆「ラクをしないと成果はでないー仕事の鉄則100」を紹介されていた。その目次に100項目の「鉄則」「教訓」の一覧が書かれているのだが、これを見るだけでも、この11年間の私の仕事術と重ね共感できるものが多い。

・・・・・

 3 自分にできないことをしている人を、素朴に尊敬する
16 書棚一本の本がたまったら、新しい分野を開拓できる
21 いざという集まりには万難を排して参加する
25 お願いした場合は「いつでも」と言う
32 依頼には即日で答える
39 「苦手なこと」は人の手を借りて解決する
45 商売道具への投資はけちらない
59 継続させる小さな工夫を
63 自分の「忘れグセ」を前提に、「忘れても、できる」仕組みをつくる
64 共有する言葉の定義を明確にしないと、誤解が量産される
68 「約束の優先順位」を見直すクセを持つ
76 よほどゆとりがない限り、正義に多大なエネルギーを注がない

・・・・・

目次だけでも、ものすごい説得力である。耳が痛い残りの項目「27 人から薦められたものは、無理をしてでも即日取り入れる」「88 毎晩アルコールが欠かせない人は伸びない」も、「無理をしてすぐに取り入れる」ことができればいいのだが・・・。

教師の仕事術

以前、個人のblogを「カテゴリー」を使って整理したときに、そのカテゴリーに「仕事術」を追加したのだが、改めて見てみると案外おもしろい。最近では、「4色ボールペンの使い方」を書いたのだが、保護者の方から「私も使ってます」との声も。

その「仕事術」はこちら

もちろん、以前から「学級事務の効率化」は必要だと考えていたものの、ビジネス書などを読むようになったのは本校に赴任してから。当時の「私」以上に激務の先輩方が、スマートに仕事をされている(ように見えただけかもしれないが)のにあこがれ、強く意識するようになった。

しかし、このように並べてみると、単なる時間短縮ではなく、多くの仕事の中、そして、複雑な仕事の中で「何が本当に大切なのか」が見えてくることが、私に仕事術をこだわらせたのだろう。ビジネス書にはよく「捨てることで見えるようになる」と書かれているが、その通りである。

また、これは大事だと思ったことを続けるための工夫ともいえよう。もちろん、体力の衰えに伴い、全てに全力とはいかなくなったこともあるのだが。

とはいっても、年度末の整理・後片付けはいっこうに進まないのだが・・・。

声が小さいことを聞く側の問題にする〜その2

先日のblogに、授業の中で子ども同士の学び合いを求めるとき「声が小さいことを聞く側の問題としてとらえていくことが必要である」と書いた。

直接関係はないのだが、先週末に参加した東京で開催されたシンポジウムの中で、松木正子先生(十文字学園女子大学教授)のワークショップがあったので、ここで紹介したい。

「どうして、話す人の目を見て話を聞くことが大切なのでしょう。」

と、松木先生からの質問。答えは、耳はパラボラアンテナの役割をしていて、目を向けるとそのアンテナが話をしている人の方を向くから。その後、手のひらを耳の後ろに当てたときと当てないときを聞き比べると、聞こえ方が全く違い、驚きの声が上がる。

聞き方を変えると、聞こえ方が大きく変わるのである。

また、母音をしっかりと話すと、小さな声でもよく聞こえるようになるという話も。これまでの「大きな声で」「はきはきと」という指導そのものが間違っていたのである。

これまで当たり前だと思っていたことの中にも、見直すべきことも多いのだろう。

中途半端であるという自覚

年度末であるというのに、やりたいことがたくさんある。授業を担当していた6年生は卒業したというのに、まだ観ていない授業ビデオがいくつかある。blogも書きたいことが山ほどある。

どうして「ある程度でよし」としないのか。おそらく、私が中途半端であることを私自身が自覚しているからであろう。

途中で投げ出すことはしないまでも、何かの目標を達成したとか、何かを極めたという経験はない。趣味の音楽もピアノが弾けないため今ひとつ。大学で物理を専攻するが、微分積分ができなかったため卒論をごまかすので精一杯。だからだろうか、教師になっても「中途半端さ」をずっと抱えているのだろう。

中途半端だという自覚があるから、最後までもがく。もっと優秀な教師ならさっさと反省し、スマートに振る舞うのだろうが。

7年前にはじめた授業リフレクションも、子どもの声を聴けない自分を自覚するところからスタートした。少しでも聴けるようになりたいと、授業リフレクションを続けてきた。

しかし、今振り返ると、大切なのは「聴けない」ということを教師自身が自覚し、どうにかして聴くためにあの手この手を使って工夫すること、もがくことなのであろう。教師が聴けると思った瞬間に、聴けなくなる。

自分の中途半端さを自覚し、あの手この手を使って最後までもがく。このことが教師としての成長なのだろう。まだまだもがき続けなければならない・・・。

声が小さいことを聞く側の問題にする

先日、小さな研究会の中で、授業で発言する子どもの声が小さく、授業者が周りの子どもたちに「聞こえた?」と尋ねたことが話題になった。

おそらく授業者は「もっと大きな声で」と直接注意するのではなく、「周りの友達に聞こえていない」ことを知らせることで、発言する子どもの声を大きくしようと考えたのだろう。もちろん、発表会などで原稿のある一方通行の発表ならこのような指導でもよいのだろうが、子ども同士での「話し合い」、さらには、「学び合い」ではどうだろうか。

問題なのは、声が小さいことを「話す側の問題」にしていることである。まだよく整理されず思考途中の発言ならたどたどしいのは当然であるし、自信がないのなら声も小さくなるだろう。そんな子どもたちに、教師は「もっと声を大きく」と声をかけるのか。それとも、たどたどしく小さな声での発言を大切にするのか。子ども同士の「学び合い」を大切にするのならば、もちろん後者であり、声の小ささを「聞く側の問題」にする必要がある。

これまでの経験から多くの教師が感じていることだが、子どもたちがよく聴き合っているときには、声が小さくてもよく聞こえることがある。これは、その場にいる者全員がしっかりと耳を傾けているからであり、その安心感から、話す方も多少声が大きくなるのであろう。

それでは、発言する子どもの声が小さいときどうするのか。そのことを「聞く側の問題」にするとき、どのように指導するのか。

いろいろな方法があるのだろうが、重要なのは、教師自身がその発言に関心をもつということ。「おもしろいことを話しているようだ」「何か意味があるのではないか」と教師の聴き方が、子どもたちの聴き方のモデルになるのである。

評価しやすい声の大きさではなく、意図や背景、そして、可能性までを含む発言全体を受け止め、おもしろがることが大切なのだろう。

つまずきや失敗をおもしろがる

先日のblogに「都合の悪い発言を思いがけないものととらえることは教師の成長の芽生えである」と書いたのだが、そのためには、子どものつまずきや失敗をおもしろいと、そして、意味あるものと思えることが大切である。

つまり、つまずきや失敗をマイナスととらえるのではなく、その子どものなりの思考も結果とし、わずかにでもプラスに進んだものととらえるのである。

7年前に3年生を担任したとき、太陽の動きの学習(影の移動から太陽の動きを調べる)で、「影は、太陽の反対側ではなく、太陽側にできる」とノートに書いている子どもがいた。もちろん間違いであり、影は太陽の光を遮ることでできるため、太陽の反対側にできる。それまでの私であったら、「もっとよく観察しなさい」と、次の日にでもその子どもをグランドに引っ張っていっていただろう。

しかし、ちょうどビデオを使って授業リフレクションに取り組みはじめていた私は、同僚の先生といっしょにその日の授業をみることにした。すると、そこには「太陽側にできる理由」をグループの友達に説明するその子どもの姿が映っていた。

「影は太陽の光がなければできない。だから、太陽の光がものにぶつかって、はね返って影ができる。」

この子どもは、光線を意識し、そこから筋道立てて考えていたことからつまずいたのである。「太陽の光がものにぶつかる」までは妥当な考えであり、この光線のイメージは次の学習「日なたと日陰のちがい」や「光の性質」に発展する。

このように子どものつまずきや失敗は、その子どもの理解や成長の過程を垣間見せるものである。そして、それらの多くは、教師がもともと予定した授業の進め方とは異なっており、子どもたちの学びにふくらみをもたせてくれる。

もちろん、授業がスムーズに進むことは悪いことではない。しかし、それは「思いがけない発言」もなくつまずきや失敗が表面化していないだけではないか。

子どもといっしょに立ち止まり、「そんなふうに考えていたのか」と驚きと発見を楽しみながら授業したいものである。
プロフィール

Author:jharaguti
読書日記と小学校理科の授業記録を中心に、これからの授業について語り、綴っています。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
V60 T4 Rデザイン イルミシフト 禁煙車 2年保証付
V60 T4 Rデザイン イルミシフト 禁煙車 2年保証付
クレストプランター 丸440型 ブラウン アップルウェアー φ43.6×34cm チューブレスバルブ 2個セット 内締めL字型 ステンレス MAD MAX(マッドマックス) ベッド 寝具 布団 毛布 布団セット 掛け敷きピローケース3点セット (パシーマ(R)EXプラス 無地 お得なセット) 613912 rizoma rizoma:リゾマ ミラー 「スパイ R」 【Spy R】左右共通 カラー:ブラック ミニ1/121/6スケールドールハウス壁パネルDIY木製家具用品Sホワイト 零1000 ゼロセン POWER CHAMBER for K-Car スーパーレッド ライフ GF/LA-JB1 パワーチャンバー インテークシステム AIRTECH STUDIOSGamp;G ARP9・ARP556・Raider L2.0E・CMF-16K用 Airtech Studios 新 SERFAS(サーファス) 自転車バーエンドミラー MR-1 62mm大径ステンレスレンズ 左右ユニバーサルデザイン ブラック スター電器製造(SUZUKID)プロパン工業用調整器 W-264 石鋸工業 ブレード2 替刃式折込仮枠鋸 替刃 210mm 水草スタイル 水族館ポスター 水中ポスター バックスクリーン 水槽背景 防水 簡単に貼り付け 生息地の装飾 崩壊3rd 公式グッズ アイドルシリーズ 抱き枕 全員8種 八重桜 テレサ R-Y6000281 日立 冷蔵庫 用の 給水タンク の 容器 ★ HITACHI ウィンターチェリー レインウェア 上下セット 防水 総裏メッシュ ディフェンドレインスーツ メンズ ターコイズ M ヘッドバスター/ゲームギア(GG)/箱・説明書あり
WINNER.COM.PK RSS